洗面所でお湯が出ないときは水道工事が必要か

洗面所の水のトラブルには、詰まりや水漏れとともに給湯器の問題も含まれます。蛇口をひねるだけでいつでも温かいお湯がでるのは給湯器のおかげですが、給湯器の調子が悪くなるとお湯が出なくなるだけでなく、発火などの事故のリスクも高まります。お湯が出なくなったらどうすればいいのでしょうか。

■洗面所でお湯が出ない原因

洗面所で水が出ない場合は、給水管や蛇口に問題があることが考えられます。しかし、お湯だけが出ない、お湯に切り替えると極端に水量が減る、温度設定どおりのお湯が出ない、などの場合は、給湯器に問題があることが考えられます。
給湯器はいったん蓄えられた水を電気やガス、太陽熱などをエネルギーとしてお湯を沸かして供給するものです。給水管や排水管、蓄熱部などさまざまな部位に分かれており、どの部分に故障原因があるかを特定するのは簡単なことではありません。水道の工事だけでなく給湯器のトラブルも扱っている専門業者にみてもらうのが一番です。


■お湯が出なくなったらどうすればいいのか

給湯器からお湯が出ないだけでなく、異音や振動、臭いがするといったトラブルが生じることもあります。給湯器と水道管をつなぐ給水管やキッチンや洗面所、お風呂に供給する配管に問題がある場合もあるでしょう。
給湯器の内部は複雑な構造になっているため、給湯器 修理には専門的な知識や技術が必要となります。火傷や発火、爆発など、さまざまな危険が伴う作業となるため、素人は手を出さないようにすることが大切です。水道工事を扱っているプロの業者は給湯器などに精通していることも多いので、専門家に任せた方が安心で安全です。




■まとめ
水道管から蛇口までさまざまな配管を通って届けられる水ですが、給水管などのトラブルによって出なくなることがあります。しかし、水は出るのにお湯だけが出ないという場合は給湯器に故障があることが考えられるため、発火事故などにならないうちに専門の業者に依頼することが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ